カテゴリー「書籍・雑誌」の23件の記事

2007/10/26

「星の王子さま」の学者をときどき思い浮かべる(その1)

日本語版、英語版、仏語版、それぞれ持っている。旅行の際に本屋で見かけて買ったような記憶がある。日本語版は内藤濯訳の岩波版旧版。新版は買ったはずだが誰かに貸したら返ってこない。他に倉橋版と稲垣版。
でも大して読み返していない。通読したのは数えるくらいか(もちろん日本語版ですが)。すごく好きな本というわけでもない。

でも何カ所かは何となく覚えていて、ときどき思い出すことがある。おそらく私の場合、寓話的に理解しているんだろう。
 

続きを読む "「星の王子さま」の学者をときどき思い浮かべる(その1)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/10/18

「生活支援の障害福祉学」(シリーズ障害科学の展開第3巻)

標記の本が出ています。私も分担で幾らか書いています。

  第4章(障害のある人の生活実態と福祉ニーズ)の一部
  第5章(障害のある人の日々の暮らしの基盤づくり)の一部
  第9章(知的・発達障害のある人の生活支援と権利擁護)
  それからトピックスや研究ノートなど。

こちらのほうで表紙や目次など見ていただくことが出来ます。

「生活支援の障害福祉学」(space96での紹介)
「生活支援の障害福祉学」(yahooブックスでの紹介)


よろしかったらお買い求めください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

「スケッチブック」とか「WORKING!!」とか「逮捕しちゃうぞフルスロットル」とか

「スケッチブック」がアニメ放映されるとのこと。

スケッチブック ~full color's~ 公式HP

あれがアニメ化されるとして、あの雰囲気がどうなるのか、ってのはなかなか。
特に主人公の梶原空。公式HPを見ていて、アニメだとしゃべるのか?と驚いたが、たぶんあれは心の中のセリフなんだろう。
ほかのキャラクターはふつうになんとかなりそうな気はする。涼風コンビとかそのまんま。

同じ四コマでいうと、「WORKING!!」がアニメ化されたら面白いんじゃないかなどと思う。既にCDブックは出ているようでもあり。

WORKING!!(高津カリノ)

「逮捕しちゃうぞフルスロットル」はかなり期待大。これまでのシリーズも良かったので。

逮捕しちゃうぞフルスロットル TBS公式HP
 
 
それにしても、この秋は(も)アニメ化される番組が多い。
あれこれは置いといて、個人的には冬の「女神」とか「バーディ」とか、その辺りに期待。
あー、ゆうみまさみ氏、藤島康介氏がご活躍だなあ。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

MAXqda2007

このソフトウェアを導入。大学の法人クレジットカードができあがったので使い初め(ぞめ)で買おうと思ったのだが、一瞬間に合わず、普通の手続きで発注した。(発注の翌日に“カードが出来た”と連絡をもらった)

MAXqda2007 (VERBI GmbH)
 
デモ版がダウンロードできるので、関心のある方はここから入手されたし(試用は30日限りということになっている)。
 

続きを読む "MAXqda2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/05

平成19年版障害者白書

書いていなかった気がするので、書いておく。

平成19年版障害者白書がネット上に公開されている。
障害者白書(内閣府-共生社会政策統括官-障害者施策)

先日までは概要版のみだったが、全文掲載となった。また印刷媒体でもそろそろ出る予定。
精神障害者の数が300万人を越えたなどの新聞報道がなされていたかと思う。白書でいうと、参考資料のページにそのデータがある。
 
 
個人的に有り難いのは、平成15年版から英語版が出ていること。各施策や事業をどうやって英訳すればよいかわからないときなど参照できる。障害や福祉関係ってのはあまり英語の定訳が示されないので困ることがある。とくに福祉領域はドメスティックな話も多いので、英語に直さなければならないときは難儀するのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/26

ワークブック「やりくりべたのための家計管理術レッスン」

このところ「ライフマネー研究会」の検索が多いけど、ご活躍なのかなとブログに書いていたら、そうなんです、とご本人からメールをいただく。
あ、島貫さんご無沙汰しております (^-^)/~ 、などとやりとり。

彼らのホームページはこちら。
ライフマネー研究会

何日か前から私のHPでは紹介してあったものだが、このたび彼らのワークブックが刊行されたとのことで1冊お送りいただいた。これを拝見し、当ブログでも紹介させていただく。
 

続きを読む "ワークブック「やりくりべたのための家計管理術レッスン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

「ライラの冒険」映画化

2008年3月1日にロードショーだそうだ。
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」公式サイト

原作はこちら。日本語訳が出た際、立て続けに読んだ覚えがある。
ライラの冒険/フィリップ・プルマン

さて、どうだろう。
と私が言うのはあまり当てにならない。指輪物語やナルニアにしても映画を見ていないし見る気にもならないので。
なんというか、映画だとみな同じになってしまうのが不思議。
宣伝や話題にしていく戦略が同じだからなのか。彼らの持っているイメージが似た辺りを見ている。
 

続きを読む "「ライラの冒険」映画化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

ユリイカ6月号「特集*上橋菜穂子」

「守り人シリーズ」で書いていた「ユリイカ第39巻第6号」が手元に届く。上橋菜穂子氏の特集号。

買って良かった内容だった。
 

続きを読む "ユリイカ6月号「特集*上橋菜穂子」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/23

ついでに、読みたい本、読んでいる本

ついでというか、勢い余ってこれを。

日本語は天才である(Passion For The Future、2007年05月22日)

よく読んでいる書評ブログに掲載されていた。「日本語は天才である」(柳瀬尚紀、新潮社、2007)の書評。
ひとまず、読みたい本リストに加える。

今読んでいるのは、「精霊の守り人」「差別原論」「ライブ講義M-GTA」など。「守り人」シリーズの話は、またいずれ書いても良いかもしれない。アニメが思ったよりも面白いので。

それから1日数行のペースで「ガニメデの優しい巨人」
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

「ツォツィ」

「ツォツィ」は映画で、こちらにサイトがある。この言葉の意味や、映画の内容についてはこちらを参照されたい。

「ツォツィ」公式サイト

原作者は南アでは有名な劇作家。原作となる小説の下原稿自体はずいぶん前に書かれていたものが、気に入らないということで作者が自らお蔵入りさせていた。それがたまたま見つけられ、そして書籍化、その後に何回かの試みを経て映画化、という流れがあったらしい。

そしてこのほど、原作の日本語訳が刊行される。
田中ひこさんのメールマガジン【児童文学評論】の内部企画というのか、「あとがき大全」というのがあり、そこで金原瑞人さんが本書のあとがきを掲載していたことで知ったもの。
ということで情報としてはずいぶんと遅い。

児童文学書評(HP)(内部に「あとがき大全」のバックナンバーもある)

刊行予定は青山出版から4月2日らしいけれど、まだアマゾンには出ていない(3/25現在)。予約しようにもできないな。

アソル・フガード著「ツォツィ」(金原瑞人、中田香訳)
青山出版
 
金原瑞人さんの訳者あとがきが興味をそそったので、ここにメモのように記載する次第。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)