カテゴリー「映画・テレビ」の15件の記事

2007/10/11

鉄腕バーディとかベルダンディーとかバンブーブレードとか

先日書いた与太話の続きである。

「鉄腕バーディー」のTVアニメーション化とか、それから「ああっ女神さまっ」の20周年記念のTVアニメーション(今度の冬)。
それぞれ、期待。

ゆうきまさみのにげちゃだめかな?
鉄腕バーディー Wikipedia

ああっ女神さまっ Wikipedia
ああっ女神さまっ(TV放映第一期)(TBS)
ああっ女神さまっ それぞれの翼(TV放映第二期)(TBS)
 
 
既に放映開始されたものの中では、「バンブーブレード」が上出来か。

バンブーブレード(TVアニメ公式)
バンブーブレード(TV東京)
バンブーブレード Wikipedia
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/08

米国番組"Girls and Guns"

G★RDIASより。

[kanjinai][米国]"Girls and Guns"は米国の病か?(G★RDIAS、2007-10-08)

私もこういう趣旨の番組には眉をひそめるタイプである。いったいどうしてこういうのが成立するのか、私は米国居住経験もないのでよく分からない。共感できる部分もあるのだろうか。
 

続きを読む "米国番組"Girls and Guns""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

「スケッチブック」とか「WORKING!!」とか「逮捕しちゃうぞフルスロットル」とか

「スケッチブック」がアニメ放映されるとのこと。

スケッチブック ~full color's~ 公式HP

あれがアニメ化されるとして、あの雰囲気がどうなるのか、ってのはなかなか。
特に主人公の梶原空。公式HPを見ていて、アニメだとしゃべるのか?と驚いたが、たぶんあれは心の中のセリフなんだろう。
ほかのキャラクターはふつうになんとかなりそうな気はする。涼風コンビとかそのまんま。

同じ四コマでいうと、「WORKING!!」がアニメ化されたら面白いんじゃないかなどと思う。既にCDブックは出ているようでもあり。

WORKING!!(高津カリノ)

「逮捕しちゃうぞフルスロットル」はかなり期待大。これまでのシリーズも良かったので。

逮捕しちゃうぞフルスロットル TBS公式HP
 
 
それにしても、この秋は(も)アニメ化される番組が多い。
あれこれは置いといて、個人的には冬の「女神」とか「バーディ」とか、その辺りに期待。
あー、ゆうみまさみ氏、藤島康介氏がご活躍だなあ。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

埋め込み練習、2つ/宿題のジャズと伊勢正三

YouTubeの埋め込み練習を兼ねて。
たまたまトップにあった。

これで中3、それで宿題ですか。
うわぁ。

曲は…こういうのはあまり好きではないです。 演奏は不問。すいません。
 
 
もうひとつ。
 

続きを読む "埋め込み練習、2つ/宿題のジャズと伊勢正三"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

ピアノの森

「ピアノの森」の映画は今日からだ。できあがりはどうだったろうか。
個人的には、何とはなしに期待している。

「ピアノの森」公式HP
ピアノの森 Wikipedia
ピアノの森―The perfect world of KAI (1)

ただし、主人公の声は不安。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

「エマ第二幕」終了

「エマ第二幕」終了。
今はとにかくハッピーエンディングで良かったなあ、と。

「英國戀物語エマ 第二幕」公式サイト
「エマ」原作

もちろん原作は読んでいるのでバッドエンドはないとは思っていたけれど、こんな終わらせ方もあるのかと興味深く見ていた。こういう終わり方は浅いと見る向きもあるかもしれないし、都合良すぎと思う人もいるかもしれない。

しかし、いずれにしてもあのようにエマとウィリアムがその後に幸せでいる様子は見たかったと思っている人も少なからず居ただろうから(原作だとその前で終わっている)、その辺はファンの意を汲んでのサービスというところだろう。
エレノアの次の話が始まりそうな絵もあったし(原作第8巻的な)。
 
 
さて、こんな逃避をせずさっさと仕上げなければ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

「ライラの冒険」映画化

2008年3月1日にロードショーだそうだ。
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」公式サイト

原作はこちら。日本語訳が出た際、立て続けに読んだ覚えがある。
ライラの冒険/フィリップ・プルマン

さて、どうだろう。
と私が言うのはあまり当てにならない。指輪物語やナルニアにしても映画を見ていないし見る気にもならないので。
なんというか、映画だとみな同じになってしまうのが不思議。
宣伝や話題にしていく戦略が同じだからなのか。彼らの持っているイメージが似た辺りを見ている。
 

続きを読む "「ライラの冒険」映画化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/25

「ツォツィ」

「ツォツィ」は映画で、こちらにサイトがある。この言葉の意味や、映画の内容についてはこちらを参照されたい。

「ツォツィ」公式サイト

原作者は南アでは有名な劇作家。原作となる小説の下原稿自体はずいぶん前に書かれていたものが、気に入らないということで作者が自らお蔵入りさせていた。それがたまたま見つけられ、そして書籍化、その後に何回かの試みを経て映画化、という流れがあったらしい。

そしてこのほど、原作の日本語訳が刊行される。
田中ひこさんのメールマガジン【児童文学評論】の内部企画というのか、「あとがき大全」というのがあり、そこで金原瑞人さんが本書のあとがきを掲載していたことで知ったもの。
ということで情報としてはずいぶんと遅い。

児童文学書評(HP)(内部に「あとがき大全」のバックナンバーもある)

刊行予定は青山出版から4月2日らしいけれど、まだアマゾンには出ていない(3/25現在)。予約しようにもできないな。

アソル・フガード著「ツォツィ」(金原瑞人、中田香訳)
青山出版
 
金原瑞人さんの訳者あとがきが興味をそそったので、ここにメモのように記載する次第。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/05

「筆子・その愛 -天使のピアノ-」上映会

映画の上映会があるので紹介いたします。

→「筆子・その愛 -天使のピアノ-

2月17日(土)常総市民会館大ホール
(常総市諏訪町3222-3、t 0297-22-2011)

第1回 1:30開場、2:00上映
第2回 6:00開場、6:30上映

大人     前売1300円、当日1600円
高校生以下 前売1100円、当日1400円(障害者、介護者も同じ)

当日の幼児/障がい児者の保育・一時預かりを承ります。ご希望の方は事前予約(おやつ代200円)
→山田(夜間0297-22-9437)
→倉持(t/f 0297-27-4288)

主催:映画「筆子・その愛-天使のピアノ-」上映実行委員会
(椙山 t/f 0297-22-9033、倉持 t/f 0297-27-4288)
 

続きを読む "「筆子・その愛 -天使のピアノ-」上映会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

のだめ final lesson

最終回、ついつい見てしまいました。

川辺のシーン前後は、期待通りでした。映像になってもなかなか良いですね(^-^)
クリスマスバージョンらしく「メリークリスマス」(だっけ?)のセリフが入ってた。
 

続きを読む "のだめ final lesson"

| | コメント (0) | トラックバック (0)