カテゴリー「アニメ・コミック」の40件の記事

2007/10/13

少し幸せだった/翠水惑星年代記

別のものを探しに本屋へ入る。

あ、出てる。
うわぁ、ラッキー。

探し物は見つからなかったけど、これが買えたからよしとしよう。
今日は嬉しい、幸せな日になった。

…ということが、先日あった。

今は余裕無く、幸せどころではありません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/11

鉄腕バーディとかベルダンディーとかバンブーブレードとか

先日書いた与太話の続きである。

「鉄腕バーディー」のTVアニメーション化とか、それから「ああっ女神さまっ」の20周年記念のTVアニメーション(今度の冬)。
それぞれ、期待。

ゆうきまさみのにげちゃだめかな?
鉄腕バーディー Wikipedia

ああっ女神さまっ Wikipedia
ああっ女神さまっ(TV放映第一期)(TBS)
ああっ女神さまっ それぞれの翼(TV放映第二期)(TBS)
 
 
既に放映開始されたものの中では、「バンブーブレード」が上出来か。

バンブーブレード(TVアニメ公式)
バンブーブレード(TV東京)
バンブーブレード Wikipedia
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/18

2006年度メモ帳終わる

2006年度版「よつばとひめくり」の裏メモ帳が、本日を以て使用終了。
2005年度版は昨年10月に使い切っていた。

昨年のメモ帳(よつばとひめくり)、終わる(misc., 2006/10/03)

実期日から半年強の遅れで使っているらしい。
 
 
仕事を複数廻してたら、ブレーカー上がってしまった。いや、頭のブレーカーがさ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

「スケッチブック」とか「WORKING!!」とか「逮捕しちゃうぞフルスロットル」とか

「スケッチブック」がアニメ放映されるとのこと。

スケッチブック ~full color's~ 公式HP

あれがアニメ化されるとして、あの雰囲気がどうなるのか、ってのはなかなか。
特に主人公の梶原空。公式HPを見ていて、アニメだとしゃべるのか?と驚いたが、たぶんあれは心の中のセリフなんだろう。
ほかのキャラクターはふつうになんとかなりそうな気はする。涼風コンビとかそのまんま。

同じ四コマでいうと、「WORKING!!」がアニメ化されたら面白いんじゃないかなどと思う。既にCDブックは出ているようでもあり。

WORKING!!(高津カリノ)

「逮捕しちゃうぞフルスロットル」はかなり期待大。これまでのシリーズも良かったので。

逮捕しちゃうぞフルスロットル TBS公式HP
 
 
それにしても、この秋は(も)アニメ化される番組が多い。
あれこれは置いといて、個人的には冬の「女神」とか「バーディ」とか、その辺りに期待。
あー、ゆうみまさみ氏、藤島康介氏がご活躍だなあ。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

いかん

はまった>ラブ★コン

東映アニメのHP
別マのHP
TBSのHP

テンポ良く、思い切りよく、素直で、前向きで。それで泣かせたりするし。

ネタ★コンで思い出し笑いして。

すんません、こんな乗り遅れで。
映画は…見ない可能性極めて大。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/21

「だいすき!!」第5巻

4巻のことをきちんと書かなくちゃと思ってるうちにもう5巻が出た。刊行が早いのか私が遅いのか。

前回中身の紹介など書こうとと思って書けなかった。時間がなかったからと言い訳しておいたのだが、今回第5巻を読みながらそうじゃないかもと考えた。読んでいると自分で勝手に考え込んだりしすぎていっぱいになってしまうようだ。そういえば「時をかける少女」(細田守版)も考えすぎて結局書けてないし。あ、今日は地上波での On Air でしたねえ。

こうなったら簡単にざくっと書いてしまおうか、ということで、以下ネタバレになります。
 

続きを読む "「だいすき!!」第5巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノの森

「ピアノの森」の映画は今日からだ。できあがりはどうだったろうか。
個人的には、何とはなしに期待している。

「ピアノの森」公式HP
ピアノの森 Wikipedia
ピアノの森―The perfect world of KAI (1)

ただし、主人公の声は不安。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

「エマ第二幕」終了

「エマ第二幕」終了。
今はとにかくハッピーエンディングで良かったなあ、と。

「英國戀物語エマ 第二幕」公式サイト
「エマ」原作

もちろん原作は読んでいるのでバッドエンドはないとは思っていたけれど、こんな終わらせ方もあるのかと興味深く見ていた。こういう終わり方は浅いと見る向きもあるかもしれないし、都合良すぎと思う人もいるかもしれない。

しかし、いずれにしてもあのようにエマとウィリアムがその後に幸せでいる様子は見たかったと思っている人も少なからず居ただろうから(原作だとその前で終わっている)、その辺はファンの意を汲んでのサービスというところだろう。
エレノアの次の話が始まりそうな絵もあったし(原作第8巻的な)。
 
 
さて、こんな逃避をせずさっさと仕上げなければ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

ユリイカ6月号「特集*上橋菜穂子」

「守り人シリーズ」で書いていた「ユリイカ第39巻第6号」が手元に届く。上橋菜穂子氏の特集号。

買って良かった内容だった。
 

続きを読む "ユリイカ6月号「特集*上橋菜穂子」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

「精霊の守り人」とそのシリーズ(2)

昨日の続き。エントリーはこちら。

「精霊の守り人」とそのシリーズ(1)(misc., 2007/06/14)

で、
サグ(バルサたちの住む世界/目に見える人間の世界)とナユグ(表裏関係にある世界/目に見えない精霊の世界)というファンタジーとしての異世界設定については、原住民を中心とした人々が守り伝えることでその窓口を維持している。しかし次第にナユグが昔の伝説・言い伝えになり古来からの教えが形骸化しつつあるというのは定番的な設定か。そこで上橋氏のベースである研究が生きてくるわけで。
 

続きを読む "「精霊の守り人」とそのシリーズ(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧