« ピアノの森 | トップページ | 「だいすき!!」第5巻(続き) »

2007/07/21

「だいすき!!」第5巻

4巻のことをきちんと書かなくちゃと思ってるうちにもう5巻が出た。刊行が早いのか私が遅いのか。

前回中身の紹介など書こうとと思って書けなかった。時間がなかったからと言い訳しておいたのだが、今回第5巻を読みながらそうじゃないかもと考えた。読んでいると自分で勝手に考え込んだりしすぎていっぱいになってしまうようだ。そういえば「時をかける少女」(細田守版)も考えすぎて結局書けてないし。あ、今日は地上波での On Air でしたねえ。

こうなったら簡単にざくっと書いてしまおうか、ということで、以下ネタバレになります。
 

5話収録だがエピソードとしては大きく3つ。ひまわり(子ども)の保育園卒園と、小学校入学時のことと、それから父親のこと。
 
 
第21話。
母親(柚子)の入学への戸惑い。自分がいじめられていた記憶があり、小学校で子どもが同じ目に遭うのではないかと不安がる。笹岡先生(保育園の担任)が話をしてくれて切っ掛けをつかむのだが、私にはこんな柚子みたいなことできない、すごいなあと。でも正面から向き合うとこうなるのかもしれない。
それで卒園式。あれ、笹岡先生は卒園式で泣かないんだ、うちの子どもの園では泣いてたけどなあと思いながら読んでいると、そうじゃなかった。この本ならではの終わり方。

しかし何度かこの話を読み返して思ったんだけど、柚子の不安は私たちも持っていた。自分の子どもがいじめられたらどうしようとか。柚子の場合はそれがくっきりと出てしまうということであって。しかし私たちにしても、たぶん答えは笹岡先生にもらうのと一緒なのだろう。
(我が家の場合は、いじめたらどうしようというのもあったんだけど)
 
 
…うわ、やっぱり書くと長くなる。これでもずいぶん重い考えとかは端折ったつもりなんだけど。仕方がないので、続きはまた明日。
 

|

« ピアノの森 | トップページ | 「だいすき!!」第5巻(続き) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

子育て支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/15081049

この記事へのトラックバック一覧です: 「だいすき!!」第5巻:

« ピアノの森 | トップページ | 「だいすき!!」第5巻(続き) »