« いまさらだが、後見制度の取り扱いの難しさ | トップページ | 奥華子のDVD »

2007/07/18

新宿駅の“修悦体”フォント

スラッシュドットジャパンより。

ガムテープによる独特なフォント「修悦体」(/. 2007年07月18日)

新宿駅東口の切り返し工事に伴う通路案内の文字が、とある方のオリジナルなガムテープ創作によって作られていたという話。
動画もあるので見ていただきたい。私は感動してしまった。フォントの芸術的側面はわからないけれど、その発生プロセスがとてもおもしろい。一人のアイディアを契機に、人と人が絡まり合って成果が広がっていく。
動画終盤になると作者のライフヒストリーまで聞けたりして。

駅工事は9月までとのこと。工事終了とともに、このフォントは姿を消すらしい。
 
※新作が2007年7月、日暮里駅で展開されている、とのこと。

|

« いまさらだが、後見制度の取り扱いの難しさ | トップページ | 奥華子のDVD »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

you tube 見ました。いいですね。日暮里行ってみようかな。

投稿: GAMI | 2007/07/22 22:49

佐藤修悦氏、2007年7月に日暮里駅で新作展開、ってやつですね。今日ちょっと東京へ出るんですが、必ずしも日暮里乗り換え必要ないなあ…。でも帰りに寄るかなあ。

投稿: ながわ | 2007/07/23 07:25

こんばんわ。昨夜NHKに修悦さんが出てました。カメラ持って日暮里まで行こうかな。こちらをご参照ください。⇒http://www.nhk.or.jp/human/hayamimi/index.html

投稿: GAMI | 2007/08/06 23:53

ほんとだ。見たかったなあ。
 

投稿: ながわ | 2007/08/07 10:41

今更ですが、関連記事を書かせていただきました。
先日コミュニティフレンドで日暮里駅に行ったときに、修悦体を目撃してしまったものですから。「まだあったんだ」という感じで、うれしかったです。
勝手ながら、こちらの記事も紹介させていただきました。トラバもさせてください。よろしくお願いします。

投稿: GAMI | 2008/07/14 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/15798767

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿駅の“修悦体”フォント:

» 日暮里の「修悦体」を見た [ボランティア雑記帳]
「修悦体」をご存知でしょうか? 昨年の夏に一部で話題になった、ガムテープによる独特のフォントのことです。 当時、大規模な工事中のJR新宿駅構内で、案内表示を作成した佐藤修悦さんの独特の字体が話題となりました。 佐藤さんのフォントは「修悦体」と呼ばれ、TVや新聞にも紹介されて評判になりました。... [続きを読む]

受信: 2008/07/14 21:50

« いまさらだが、後見制度の取り扱いの難しさ | トップページ | 奥華子のDVD »