« コミュニティフレンドのガイドブックを公開 | トップページ | 千葉フォーラム参加(2) »

2007/07/02

千葉フォーラム参加(1)

「第7回地域生活支援フォーラム千葉」が昨日(7/1)開催される。私も少しお手伝いで参加。既に終わったものだが、プログラムはこちら。

「第7回地域生活支援フォーラム千葉」チラシ(pdf、約340kb)

いわゆる差別禁止条例、すなわち「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」が7月1日から施行ということで、これについて説明をしてもらう。
それから当フォーラム7年間を通じてのテーマである、地域生活を考える催し。長野の福岡寿さんに来ていただく。
 

“千葉もそれなりに頑張ってきたけど、でもその間に福岡さんのところはその先に行っちゃうんだものなあ、まいったなあ”というのが、福岡さんの話を聞いた某氏の感想。

(以下は講演内容ではなく私がぼーっと考えたことなど)
例えばどこかの法人にサービスをずっと受けてきたんだけど、この部分については違うサービスを受けたい、あるいは違う法人のほうにもっと切り替えて良いかどうか検討したいのだけれど、誰に相談したらよいか?という話。自立支援法の中ではメニューごとにサービス事業者をチョイスできるよう、ばら売り可能な方式に変わって来つつあるはず。しかしどこかの法人にずっとお世話してもらってきたところが、別の法人に切り替えるのはどうもやりにくいと感じる向きもある。それに、その法人以外で誰に相談して良いかなんてわからない。相談先だってその法人が持っていたりすれば。

介護保険だって似たような囲い込みは生じている。障害の場合にはケアマネジメント自体が少ないし馴染みがないので見えにくいだけで。

自立支援協議会がこれを突破する可能性はあるか。
今のところこれがどうも心許ない。形だけの会で終わる懸念はないか。
実質的に調整の要請が上がり、これを実質的に執り行うセクションがあるかどうか。
 
 
午後の講演はシンポジウム準備で聞けず。

プログラムの出色は昨年もあった寸劇か。今年は差別かどうか曖昧な事例を出して考えようというスキッとらしかった。電機製品の購入で、障害児がいるからと言う理由で保証が受けられないというのはどうなんだとか、作業所の休憩室にあるテレビのチャンネル権を巡っての攻防とか。

その後が私も出たシンポジウムだったのだけれど、話題はグループホーム/ケアホームでの暮らしと、これからの運営上の難しさ、に集中した。もちろん国のすべき(変えるべき)ことはあるわけで。しかしそれとともに千葉県の単独家賃補助他の諸施策をどう活用していくかなど。
地域で暮らすという場合にはそのほかにもあれこれ考えるべきことはあり、シンポジストは後見等の話にも少し触れてくださったのだが、司会進行(名川)の不手際であまりそっちにまで膨らませることは出来なかった。
 
  
長くなったので、フォーラム後の話は明日に続く。
 

|

« コミュニティフレンドのガイドブックを公開 | トップページ | 千葉フォーラム参加(2) »

生活支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/15623913

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉フォーラム参加(1):

« コミュニティフレンドのガイドブックを公開 | トップページ | 千葉フォーラム参加(2) »