« SIRG/PID of IASSID | トップページ | コムスンの件に端を発し、覚え書きあるいは書き散らし »

2007/06/08

送電塔のミメイ

(何ヶ月か前の書き込みを今さら出す。)

「送電塔のミメイ」というゲーム。ゲームなんか久しぶりだ。とはいえ、これはノベルというか、物語がずっと進むタイプだから、気軽に本を読むようなつもりで始めた。

送電塔のミメイ(ベクターゲームズのレビュー記事)

レビューによれば一本道(分岐がない)だっていうし、3時間で終わるって書いてあるし、だからあまり入れ込んだゲームはもうやる余裕などなくなっている私にとっても、適当な暇つぶしにできるかな、本なら少しずつでも読んでるから、と思って始めたものだった。

ところが。
思ったよりもよかったんだ、これが。
 

正直、もう少し構成を上手くして説明がひっかからないようになれば、主人公の変化やラストに至るまでを素直に受け入れられたろうにとは思う。そしてその辺の引っかかりをクリアするためには、ときどき途中でセーブしつつ情報やセリフを確認したり読み返したりする必要があったりもする。
そう、途中セーブは通常、分岐が多いゲームの際に利用されるのだから、このように一本道のゲームではあまりセーブしておかなくても良いんじゃないかと思ったりもしたんだが、いや、読み返していくためには必要なものだ。そして幸いにもかなり多くセーブできるようになっているから、所々でセーブしつつ読み返しながら進めても良い。

もっとも、途中セーブにはもうひとつの使い道もある。印象的な場面を振り返って見直すためだ。もtろん最後まで読み終えると回想場面集は閲覧できるようになるのだが、それにしても、見直したい場面とかできるからね。

送電塔のミメイ(里見しば)

あれこれ文句を言っているように見えるかもしれないが、やってみて良かったなと後味の良いゲームでした。
 

|

« SIRG/PID of IASSID | トップページ | コムスンの件に端を発し、覚え書きあるいは書き散らし »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/14422145

この記事へのトラックバック一覧です: 送電塔のミメイ:

« SIRG/PID of IASSID | トップページ | コムスンの件に端を発し、覚え書きあるいは書き散らし »