« Ashleyさんの件に関するWPASレポートとシンポジウム | トップページ | 「こうのとりのゆりかご」始まって »

2007/05/15

発達障害児の成長を止める処置判断は倫理的か?の投票

いわゆるアシュリー療法(Ashley Treatment)、すなわち growth-attenuating treatment に関すること。いや、この言い方も不適切かな。従属的・付随的な処置であるにせよ、成長停止以外のことも行われているのだから。それらをすべてひっくるめるとすると、アシュリー療法と言ってしまうしかないのだろうか。

さて、これも教えていただいたものだが、本件に関する投票が行われているそうだ。

Do you believe the decision of parents to stunt the growth of their developmentally disabled child was ethical? (CEOExpress Polls)
「発達障害がある我が子の成長を止めた親の判断は倫理的に正しいと思うか?」のような質問。

投票結果は "result" のところを見ていただくとして、どうにも選択肢の文言が強すぎて困るなあと。
適正な賛否の振り分けとは言い難い。賛成か反対かと言われれば意見はあるにしても、選択肢の文言には文句を付けたくなる。
と言いつつ、まあこっちに1票入れるか。
 

|

« Ashleyさんの件に関するWPASレポートとシンポジウム | トップページ | 「こうのとりのゆりかご」始まって »

権利擁護」カテゴリの記事

障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/15079635

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害児の成長を止める処置判断は倫理的か?の投票:

« Ashleyさんの件に関するWPASレポートとシンポジウム | トップページ | 「こうのとりのゆりかご」始まって »