« 「こうのとりのゆりかご」設置される | トップページ | ETC »

2007/05/04

障害者の雇用状況(2006年6月現在)

あまりこういうことはしないのだけれど、今回は全文引用。
ユニクロの数字が群を抜いている。
彼らの障害者雇用に関するプレゼンを拝見したことがある。1店舗1名の雇用、トップのコミットメント、各店舗の店長を中心とした実行力、雇用権限は各店舗、これを支えるスーパーバイザー、などなど。

ここに挙げられている以外の企業でも、前向きで学ぶべきところもいろいろある。

現在、院生の1人が知的障害がある方々の雇用継続について調べているところ。今回扱っている数字とはまた違う話なのだが、こちらもまた大切な話。
 

障害者の雇用、ユニクロが1位…2位マック、3位しまむら同キャッシュ

 
 厚生労働省は26日、従業員5000人以上の民間企業や公的機関での障害者の雇用状況(2006年6月現在)をまとめた。

 障害者雇用率が最も高かったのは、カジュアル衣料の「ユニクロ」の7・42%。656・5人(障害の重度や労働時間に応じ、1人の雇用を2人分と数えたり、0・5人分と数えたりする)を雇用し、全産業の平均1・52%を大幅に上回った。

 障害者雇用促進法は、企業などに障害者の最低限の雇用割合を定め、民間企業の法定雇用率は1・8%。5000人以上の企業の平均雇用率は1・79%だった。業種別では、飲食店・宿泊業2・89%、電気・ガス・熱供給1・98%などが高く、教育・学習支援業1・43%や複合サービス業1・50%などは法定雇用率に達しなかった。

 雇用率の上位企業は次の通り。〈2〉日本マクドナルド(2・94%)〈3〉衣料品専門店チェーン「しまむら」(2・83%)〈4〉すかいらーく(2・82%)〈5〉パナソニックエレクトロニックデバイス(2・79%)〈6〉ダイキン工業(2・63%)〈7〉日本たばこ産業(2・56%)〈8〉松下電工(2・44%)〈9〉東京急行電鉄(2・43%)〈10〉オムロン(2・40%)

(2007年4月27日2時3分 読売新聞)


 

|

« 「こうのとりのゆりかご」設置される | トップページ | ETC »

障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/14926795

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者の雇用状況(2006年6月現在):

« 「こうのとりのゆりかご」設置される | トップページ | ETC »