« 窮状認識がない人の支援(その2) | トップページ | 学内の樹(春) »

2007/03/21

こんぺいとう

高校生くらいのとんがっていたとき、というか自意識過剰のときにあれこれ思っていたことのひとつで、「どうせなるならこんぺいとう」というのがあった。
 

こんぺいとう(金平糖)Wikipedia
エビス堂

最初から角を取って小さくまとまってしまうよりは、こんぺいとうのように角を伸ばしていっても良いんじゃないか。それで経験を積んで角以外の部分を埋めていけば、それでも結果としては丸くなる。しかも大きい丸になる。
ならば小さくまとまるよりも、今はこんぺいとうで良いだろう、と。
どうせなるならこんぺいとう。

さて、今は大きな丸になったのかな、それとも小さくなったのかな。
昔よりは丸くなったと思うけど。
 

|

« 窮状認識がない人の支援(その2) | トップページ | 学内の樹(春) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/14294308

この記事へのトラックバック一覧です: こんぺいとう:

« 窮状認識がない人の支援(その2) | トップページ | 学内の樹(春) »