« Unravel/Bjork | トップページ | 窮状認識がない人の支援(その2) »

2007/03/18

あまりできないくらいでいい

或る女性と話をしていた。その方はコミュニティフレンドではないけれど、でもこのような関係を評価してくれている。

その人が「でも私は(コミュニティフレンドに)なれないかな。だって、私は何もできないから。」と言ったので、そのときに、ああそうかとわかったことがある。
 

この人ができないと言っているのは、相手が抱える生活上の問題を解決できる能力、のようなものを指している。そしてコミュニティフレンドは、あまりそういうものを持っていなくても良いのだと、そのときに認識した。

ともだちは、あまり解決できないくらいでいい。だって、何でもできてしまったら、支援する関係とされる関係になってしまうから。その途端、両者の関係性は変わるのだろう。
 
 
また別の話。
コミュニティフレンドとして行ったからには、なにがしかの影響を与え、何かが変わることが必要と感じる場合があるらしい。でも必ずしもそう思わなくても良いのでは、また変わるにしたってもっとかなり長いスパンの中で考えればよいのではと私は返事をした。

いろんなことを考えさせられる。
 

|

« Unravel/Bjork | トップページ | 窮状認識がない人の支援(その2) »

成年後見」カテゴリの記事

生活支援」カテゴリの記事

コメント

初コメントさせていただきます。
メールアドレスを入れるのがいやで躊躇していました。でもときどきコメントさせていただきたいので、Yahoo!メールのアドレスを入れることにしました。このアドレスは全く使っていませんので、メールはいつものアドレスにお願いします。

はい、私もコミュニティフレンドで、Hさんの生活上の問題は、何も解決していません。でも、できれば影響は与えたいなぁと思っています。時間はかかりますが。そして、私もHさんから影響を受けたいと思っています。

投稿: GAMI | 2007/03/19 22:04

わざわざおいでいただきありがとうございます。
活動については、どうぞお二人のペースでお願いいたします。
みなさんがじっくりとやっていただけるようにするにはどうしたらよいのだろうと思います。

投稿: ながわ | 2007/03/22 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/14293698

この記事へのトラックバック一覧です: あまりできないくらいでいい:

« Unravel/Bjork | トップページ | 窮状認識がない人の支援(その2) »