« コメントを「手をつなぎませんか」へ | トップページ | カリタス前施設長、地裁有罪判決 »

2007/02/10

またパソコンが壊れた

自宅のパソコンが壊れたという話を書いたことがある。

パソコン壊れる(2006/11/12)

結局これは11月に買い換えた。
ところが。
またこれが故障した。
ディスプレイが映らなくなったのである。何度かやり直してみると、最初のロゴ(富士通)は一瞬映る。そして真っ暗になる。
いくら待っても暗いまま。
 

それでスリープをさせようとする、また各アカウントのパスワード入力画面が一瞬映ってすぐ暗くなる。
ここで指紋認証を手がかりに自分のアカウントにログインすると、デスクトップ画面まで来る。何故かこの際には真っ暗ではなくとても暗いがうっすらと画面が見えるようになるのだ。しかし何も操作できない。コントラストでもない。明度・輝度でもない。

仕方がないので富士通の故障連絡先(24時間対応)に電話をかける。夜10時過ぎであったにもかかわらず、数分待つ。やはり忙しいんだろうか。

辛抱して持っていると、担当に繋がる。
症状を聞いてバッテリーをいったん放電させることを指示される。バッテリーなど外して待つこと数分。再び起動させてみる。しかし状態変化無い。
このときにF2を押す手段をとるが、解決しない。担当者はつぶせる可能性をつぶしたけど解決しないので、故障として修理のための引き取りをすることとなる。自宅まで運送会社が取りに来てくれるということで、2日後を指定(それで最短だった)。
電話の担当者とは更に必要事項を話し、サードパーティのメモリが保障できないこと、場合によってはリカバリをかけるのでデータ保障が出来ないことなどをルーチンワークとして聞かされ、やむを得ず了承する。ただし1年間の保障期間内だったため、費用は無償とのこと。

こうして故障対処は目処が付きそうである。ほっとした。

今回初めて富士通パソコンを買い、それが故障して窓口に相談した。文句を書いているように見えたかもしれないが、思った以上に対応が丁寧、迅速で好感を持った。
同レベルの機種から富士通製を選んだのは、キーボードの配置ならびにキータッチが自分に合っていたからだった。しかしサービス対応もクリアされたので、次回も富士通でも良いかなと思った。(こういった初期不良がなければ)

あ、東芝も日本HPも体験したことあります。その際もあまり悪い印象はなかったけど。
 
-----------------------
追記

1週間待てと言われたが、数日で帰ってきた。部品交換で復活。無料。
嬉しい。

日通 「パソコンポ」で特許取得(2003/06/02)

「特殊なフィルム」というのがゴムのように伸び、ゴムよりも丈夫。触ってみるとけっこう厚手。私はノートパソコンだったからどうということはなかったけど、この梱包セットでCRTディスプレイだって包んで“中空につるす”かっこうで振動を防ぐというのだから面白い。
上記の広報ページに写真があるが、今ひとつわかりにくいかもしれない。左の写真のように、荷物を上と下からふたのようなものを被せる。そのふたは「特殊なフィルム」でできており(真ん中の写真)、ぐいーんと伸びる。それで上のフィルムと下のフィルムが荷物の周囲を包んで、“中空につるす”ような感じになる。説明が難しいけどそんな感じ。
 

|

« コメントを「手をつなぎませんか」へ | トップページ | カリタス前施設長、地裁有罪判決 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/13774687

この記事へのトラックバック一覧です: またパソコンが壊れた:

« コメントを「手をつなぎませんか」へ | トップページ | カリタス前施設長、地裁有罪判決 »