« growth-attenuation treatment(その10) | トップページ | growth-attenuation treatment(その12、番外編) »

2007/01/10

growth-attenuation treatment(その11)

時間が無くて追い切れないので、ひとまず資料提供のみ。

Modify the System not the Person (Disability Rights Education and Defense Fund, January 7, 2007)
ざらっと読んだら、理念・原則的な考えに基づく反対表明という感じだったような。

Pillow Angel Ethics (TIME, Jan. 07, 2007)
Pillow Angel Ethics, Part 2 (TIME, Jan. 09, 2007)
さすがに追加して記事を作るだけあって、パート2は視野を広げて各分野の意見をとって書いている。上記団体の人はこの両親に子どもに対する愛情があることは認めつつ否定的な見解を示す。また本件論文に対する反論を同誌上に掲載した研究者のコメントも。そして本件について社会環境との関係からより一般的な考えを示す人も居た。もっと豊かな資源があったらこうは考えなかったんじゃないか?と。ざっと眺めた感じはこんなところ。
 

|

« growth-attenuation treatment(その10) | トップページ | growth-attenuation treatment(その12、番外編) »

権利擁護」カテゴリの記事

障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/13415314

この記事へのトラックバック一覧です: growth-attenuation treatment(その11):

« growth-attenuation treatment(その10) | トップページ | growth-attenuation treatment(その12、番外編) »