« レイソルJ1昇格! | トップページ | テンプレートを変更 »

2006/12/02

まみあな四重奏団、ほか

先日はのだめカンタービレからCDに話が及んだ。

それで久々に聞いたオーボエが良かったものだから、調子に乗って手持ちのCDを改めて聞き直すようになっている。以前もこんなことがあったのだけれど、そういうときにはかなりそのジャンルや奏者に対する認識が変わることがある。ただしあまりに続けて聞き過ぎると今度は耳・頭・心が飽和してしまう(いっぱいいっぱいになる)ので、ウルトラマンのカラータイマーのように、効果は一定期間の限定がある。場合によって違うけど、2週間から3ヶ月くらいか。そういうときは車の中がCDで溢れる。

で、そのオーボエに関しては、いずれ機会があったら書く(書かないかも知れない)。肩すかしですいません。
今回は、そのついでに聞いた(失礼)メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲からの話。

ギョーカイ的には(クラヲタ的にはか?)メンコンと呼ばれるとか聞いたことがあるけど、私はビギナーなのできちんと書く。

これは冒頭の主題がとても有名な、美しい音楽として知られている。バイオリン協奏曲の王様がベートーベンのそれなら、女王様はこの協奏曲なのだそうだ。すぐにソロで主題が奏でられたり、3楽章が繋がってたり、カデンツァも作曲されていたりとか、いろいろ当時としては新しかったんだそうだ(受け売り)。

手持ちのCDだとこのバイオリン協奏曲は2~3枚あるのだが、最初に買った盤はどうにも気に入らず、ついつい他の盤を聞いていた。とりわけ五嶋みどりの盤は潤いがあって、美しくて、しかも活気というより生命があって、のような修辞をしたくなるような音で、つい第3楽章まで聞き通してしまう録音だなあと思う。冒頭主題はもう少し強くてもいいのかしらと思ったりもするのだが、それをやっちゃうと後が子どもっぽくというか腕白になってしまうのかもしれない。認識が足りないのかな>私。もう少し聞き込んでみよう。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 (五嶋みどり)

さ、それはそれとして、今回改めて、最初に買った盤を聞き直してみたら、ああ、これも良いところあるなあと楽しく聞けた。
そして(やっと本題に入る)、何故かこの最初に買った盤だと「まみあな四重奏団」が浮かんできてしまうことを思い出した。この盤だけ何故だろう。もしかすると「まみあな四重奏団」を読んでから買ったCDなのかもしれない。もうすっかり昔のことで忘れてしまったけど。それで、これもまた久々に本棚の奥から「まみあな…」を探し出して読んでみた。

まみあな四重奏団(槇村さとる)

「まみあな…」はM響バイオリニストの父を筆頭にピアノの母、チェロの長男、ビオラの次男、そして二卵性双生児の花梨、和音(いずれもバイオリン)の音楽一家の物語。これ自体は1巻構成だが続編としての「カノン」と併せて2巻構成と感じる(文庫版だと合わせて1冊にしてして売っているようだ)。中身の話はマンガを読んでもらうこととして、これの単行本第1巻の真ん中、重要なところで父親の代役として和音が急遽演奏することになってしまうのが、このメンデルスゾーンの協奏曲。美しいけど難しい(らしい)このソロを、最初は誰もがひとまずの練習用代役と考えていた。しかし一度合わせてみたところで和音の本番代役が決まる。それで後半のドラマに繋がっていく。
うーん、あの頃って、クラシックのCDほとんど持ってなかったからなあ。3楽章通しで聞くのもたいへんだった。それでこの主題だけがやけに記憶に入っているのかも知れない。

槇村さとるはほとんど持っている。
デビューの「放課後」「青春志願」から古本屋で手に入れた。いずれも単行本。文庫版はない(重複で持っているのはある)。「おいしい関係」「イマジン」「Do da dancin’!」途中あたりまではあるけれど、最近連載のものは追っかけていない。別に今のが嫌いというわけでもないのだけれど、ちょっと手を出していない。
「ダンシング・ゼネレーション」「愛のアランフェス」など大作も読み返すけれど、個人的にはもっと短い「半熟革命(レボリューション)」や「まみあな四重奏団」が一番気に入っている。

半熟革命(レボリューション)(槇村さとる)

どちらも夢を追いかける、ドタバタがある、家族愛や仲間の情を基本にしている、ほろりと泣かせる、というような、いわば昔の人情ものに近い構成になっている。こういうタイプの少女漫画家って、昔は何人か居たけどなあ。たぶん今の作品もあまり本質は変わってないんだろうけど、最近は成人女性向けにしてるから話が少し濃い感じはある。

なんというか、「半熟革命(レボリューション)」も「まみあな四重奏団」も、そのほか関連の中編もので同じタイプの作品が幾つかある。今ならばベタなエピソードと展開だねと言われてしまうんだろうか。しかしそれを当時、きちんと組み立てて完成させているのは良いなと思う。彼女の作品がかなり多く文庫化されているのは、それだけ現在も購入者を見込めるということなのだろう。

今でも時々これらは読み返したりもする。やはり心の栄養として取り込むのは、あまり小難しいものよりはシンプルで基本が出来ているものがよいと思う。そういうのを、何度も何度もくりかえし味わうわけですね。
あー、このへんは、良質の絵本や児童書とも似てるな。その時々の年齢、時代、忙しさ、煩わしさ、嬉しさ、悲しさ、そんなものと一緒に読み返すための本。

…長くなってしまった。「いつもポケットにショパン」(くらもちふさこ)も取り上げようと思ってたんだけど、これはまたいずれということにしよ。
きしんちゃん。ヒロインの須江麻子よりも思い出すのは何でだろ。これはショパンのノクターン2のOp9から始まる。


※槇村さとる公式HP
人生の穴

|

« レイソルJ1昇格! | トップページ | テンプレートを変更 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/12819985

この記事へのトラックバック一覧です: まみあな四重奏団、ほか:

« レイソルJ1昇格! | トップページ | テンプレートを変更 »