« アンダーカレント/豊田徹也、から(その3) ~ クリスティ、加納朋子 | トップページ | ふられたんです »

2006/12/19

アンダーカレント/豊田徹也、から(その4) ~ Duca / Chara

Ⅳ.

挿入歌としての Duca。

Caramel Milk-The Best of Chara

この曲のことを書いたblog。

豊田徹也『アンダーカレント』(紙屋研究所)

たまたま持っていたので、久々に聞いてみる。実はあんまり歌詞のことまで考えて聞いていなかった。「アンダーカレント」を読み、このblogを目にして、ああ、そういう受け取り方なんだと思って聞き直す。関口かなえと“不肖”山崎道夫が歌う場面を読みつつ。

このblogでは、シャボン玉に映っている心のママと、それから新しいママの間で揺れる気持ちを歌詞から読み取っているらしい。確かに歌詞にはそう書いてあるから。
それで、パパ、ママ、アイスクリーム、アイスクリーム、Duca、Duca、Duca、Duca と好きなものの名前を繰り返して呼ぶ。Ducaは犬の名前。4回も唱える。アイスクリームよりも好きなんだ。アイスクリームよりも安心するんだ。パパとママも好きだよ、もちろん、てか。

で、この曲についてネットで検索していくと、Ducaは実際に飼っている犬の名前だと書いてあったりする。と、じゃあどこまで彼女(Chara)の実生活とリンクして居るんだろうと思ってしまう。お節介にもあちこち検索しつつ読んでみたけど結局よくわからなかった。
Charaの歌詞はファンタジックなところがあるし、フィクションであってもそうじゃなくても、別にかまわないんだよね。やはり余計な詮索でした。ごめんなさい。

関口かなえはカラオケでこれを歌いながら、どんなことを思い浮かべていたんだろう、それでどんな気持ちで涙を浮かべたんだろうということを、それなりに心をトレースしてみる。曲を聴きながらだと、ずっとそれを考えていることが出来る。
リピートにセットすれば、もうずっと。

|

« アンダーカレント/豊田徹也、から(その3) ~ クリスティ、加納朋子 | トップページ | ふられたんです »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/13092674

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーカレント/豊田徹也、から(その4) ~ Duca / Chara:

« アンダーカレント/豊田徹也、から(その3) ~ クリスティ、加納朋子 | トップページ | ふられたんです »