« 豆を買った話 | トップページ | スタートフォースβ版 »

2006/11/11

梨木香歩「家守綺譚」

以前に、下記のようなエントリーをした。その後、その仮説通りに「綿貫征四郎=四月一日君尋」のイメージで梨木香歩「家守綺譚」をもう一度読んでみた。

実にワタヌキではないか

既にかなり前に読み終えてしまっているので記憶や感覚がぼけているが、書き留めておく。

最初はやはりどうも無理があるらしく、上手くイメージできなかった。四月一日君尋が騒ぐ場面と綿貫征四郎がひとまずは据わった感じを見せているところがどうも合わない。気がつくと四月一日君尋そっちのけでずっと読み進めている。これはダメかなと思っていた。
高堂=百目鬼静のほうはあまり無理もなく、わかりやすいのだけれど。

四月一日君尋
百目鬼静

が、後半に来て両者が曲がりなりにも符合するようになってきた。ダァリアの君の登場がきっかけだった。本では“の君”は付けておらず、ダァリアとしか言っていない。でも何となく“の君”を付けたくなる。
そのダァリアの君が xxxHOLIC に出てくるキャラクターと重なった。九軒ひまわりを毅然とさせた感じか。あるいは座敷童を強めにした感じか(個人的には後者が望ましく感じる)。いずれにしても、ああこれかと思った。そしたら自然と綿貫征四郎=四月一日君尋もはまってくるから不思議なものだ。

九軒ひまわり
座敷童

改めて読み終わってみて思うのだが、綿貫征四郎も粗忽者だしそれなりにうろたえ騒ぐ者であるから、思った以上に似ているのかも知れぬ。それにこの本は綿貫征四郎自身の視点から書いているのだから、自分のことを省いて描く結果、ギャグと関係ない、騒がないキャラクターに見えただけなのかもしれない。

…しかしこんなどうでもいい話をよく長々と続けられるな>自分

もうひとつついでに言うと、本の冒頭から出てきてずっと関わりのある庭木のサルスベリ。実はあれがとてもセクシーだ。綿貫征四郎が何気に触ったりさすったりしているうちに懸想したというのだから、やはりそういう話だろう?

単なる憧れだけなのだが、私もこんな生活をしてみたいと思わされる。(と前にも書いたか)

|

« 豆を買った話 | トップページ | スタートフォースβ版 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/12479917

この記事へのトラックバック一覧です: 梨木香歩「家守綺譚」:

« 豆を買った話 | トップページ | スタートフォースβ版 »