« 成年後見とコミュニティフレンド(1) | トップページ | 「はじめてのおつきあい」椎名高志 »

2006/07/24

コショウを使って誤嚥予防

2006年07月24日、朝日新聞
コショウを使って誤嚥予防 東北大チームが研究(http://www.asahi.com/science/news/TKY200607230606.html)

嚥下反射の仕組みをずっと調べていたのだろうか。その帰結のひとつとして、コショウをかがせることで嚥下反射の低下を一時的にせよ向上させることを発見したというものらしい。だから食前にコショウをかがせることで誤嚥の予防にもなるのではないかという話。誤嚥が問題になる高齢者の食事などには朗報かもしれない。摂食困難な重度の障害者でも適用可能だろうか?

回転させたゆで卵が跳ねるという研究(こことかこことかここ参照)についても興味深く思っていたが、上記のような研究成果もスマッシュヒットだなあと思う。私のは当たり前のことをきちんと見せて次に繋げるのを積み重ねるというスタイルだからそもそも違うのだけど、オーディエンス/享受者として見た場合、こういう身近で鮮やか(だけど実は地道な)のは目を引く。

|

« 成年後見とコミュニティフレンド(1) | トップページ | 「はじめてのおつきあい」椎名高志 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/11079124

この記事へのトラックバック一覧です: コショウを使って誤嚥予防:

« 成年後見とコミュニティフレンド(1) | トップページ | 「はじめてのおつきあい」椎名高志 »