« 反省会 | トップページ | 誰に何を何のために伝えるか(1) »

2006/07/01

さんさん録

昨日、紀伊國屋で第2巻を購入。

さんさん録/こうの史代、双葉社

この話の概要や1巻のことについては下記を見てほしい。TBもこちらにつけさせてもらった。

bk1スタッフレビュー
マンガ一巻読破
ヨメブログ。

みなさん書いておられる。特にbk1の文章は私の感じと似ている。私も作者のこうのさんが書き出すキャラクターや空気が好きで、あれこれ他の作品も読んでしまった。
「夕凪の街 桜の国」は、そのこうのさんが広島をすくいとったから、あのようになったのかなと思う。

以下「さんさん録」2巻の話をするが、一部ネタバレあるので注意されたし。

で、「さんさん録」の2巻目が出た。それで2巻目で最終回。

そんなぁ。

1巻目のとぼけた調子で数巻続いて欲しかったんだけどなあ。でもこうのさんは、これまでも2巻までで終えているから、仕方ないんだろうか。

さて。
1巻目の終わりで雰囲気は感じさせていたものの、はたしてというべきか、2巻目では、人材派遣会社の仙川さんとの関係が多く描かれている。この点については後書きが面白い。なぜ“じじい”マンガを書こうと思ったのか、そして仙川さんとの関係が描かれるようになったのか、なんとなくわかる。個人的にはもう少しはぐらかして話を進めつつ、7巻くらいまでやって欲しかったんですが、でもまあ、後書きを読んだら、これも必然かしらと少し納得した。
(それにしてもこっこさんなどと比べると、人の書き方が深くて面白いなー。いえ、「こっこさん」のテイストはまたそれで良いんですけど)

ただ鈍感な私にはよくわからないのでどなたか教えていただきたいのですが、詩郎さんの写真は、彼女の原点だからまだ持っていると言うことなのでしょうか。参平さんと詩郎さんどちらにも気持ちがありつつの状態なんでしょうか。それとも写真はもはや思い出なんでしょうか。どうもオヤジにはよくわかりません。
それでこの辺を聞きたくて他の人に読ませたら、そもそもこういう関係の成立自体が理解できなかったらしく、聞けませんでした。なんなのよ、いったいこれはー、ありえないでしょ、みたいな(>_<)

と、仙川さんについてはこれくらいにして。


私としては、礼花さんのような少しとぼけた感じの(世間ではこれを天然と言うらしいですが)キャラクターを中心に置いて、また何かしら描いていただければ嬉しかったりします。その中で、参平さんたちとお会いできればなお嬉しいですね。昼寝のエピソードみたいな話って「長い道」でもありましたよね。
それから、アクション連載だったのでしたっけ。そこの番外などで、参平さんと鶴子さんの少し前の話(鶴子さんご健在の頃の)などしていただけると良いかなあなどと希望してみたいです。

家事の豆知識漫画というコンセプトだったと言うことらしいですが、そこはまあ、1巻前半のように詳しくなくても構わないのではないかなという気がします。2巻目くらいにこなれている程度でも。でも詳しくなくても、参平さんの家事がこの物語の良いヨコ糸になっているんですよね。「さんさん録」というアイテムを入れた時点で、この物語のかたちが出来たのかな、という気がします(何を勝手な…)。

それから、かなりこれは細かい話ですが、後書きで「さんさん録」が持ち込みだったということを知って感動しました。ああ、彼女も持ち込みだったんだー、と。私ももっと頑張ろう。

|

« 反省会 | トップページ | 誰に何を何のために伝えるか(1) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
TBと記事紹介ありがとうございます!
こちらのTBを見て、慌てて購入しました(笑)!!

読んでびっくり。ええー!
もっと読みたいですよね・・・。
でも質が落ちちゃうならこれでいいかなぁ・・
とか無理やり納得してみましたが。

さて、写真ですが、私も最初はなんで?
さんさんが好きなんじゃないの??と。
引き抜く時のが残ってたわけ?と思いましたが、
その後にいろんなセリフを読んでるうちに、
詩郎さん好きなのね。と思いました。
好きだから写真持ってたのではないでしょうか。

私が気になったのは、カバーをとったら、
アノ孫がウェディングドレスを着ていたこと!
だんご虫やゴキさんも一緒にいました。
誰があの娘を貰ったのかしら・・・(笑)

投稿: a-chan | 2006/07/03 11:30

a-chanさん、コメントどうもありがとうございました。

そうですか、やっぱり、詩郎さんなんですねえ。そのへん、わかるような、わかんないような、難しいところです。

カバー取ったところ、見ました。参平さんと同じ目ですね。あのムシ好きをずっと維持したまんまというのは偉いもんだと思います。昆虫好きの理科の先生と結婚するのかなあ(笑)。本編中の10年後の乃菜さんはなかなか素敵でしたから、いろいろ物語もあるのかも知れませんね。

投稿: ながわ | 2006/07/03 15:10

読み返しまして・・・
でも、さんさんにも脈はありそうですね。
最後の1話で、さんさんのポケットからカーテンレールさえ落ちなければ(笑)!?こんな時まで笑うなよっていうのがまたステキ。

確かに10年後の乃菜さん、なかなかでしたね。「うおっ」と声あげちゃいました。小さい頃虫好きの女の子は結構いますが、大人になって尚っていうのはすごいですよね~。うう、続きが読みたい・・。

投稿: a-chan | 2006/07/04 11:53

>うう、続きが読みたい・・。

続きが読みたい・・・(^-^;;;
続きが読みたい・・・(^-^;;;

投稿: ながわ | 2006/07/04 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/10747361

この記事へのトラックバック一覧です: さんさん録:

« 反省会 | トップページ | 誰に何を何のために伝えるか(1) »