« アイフルの営業停止について | トップページ | ふりがな付きにしました »

2006/04/16

語りを聞き取る人

以下の文章はずいぶんと前に書いて「下書き」のままにしておいたのだが、もったいないのでそのまま載せる。文章自体は中途半端で申し訳ない。しかし今になってあまり手を加えるよりも、そのときの感じをそのまま載せようと思う。

--------------------------------------
先日は集中講義で非常勤の先生に来ていただいた。リハビリテーションや介護に関する授業。私はその世話役ということで若干の準備をし、昼食をご一緒した。

物腰の柔らかい方だったのだが、今やっているという患者さんのフォローアップ調査のお話がとても面白かった。

ある時期に病院で出会った患者さんのその後をずっと追い続けてデータをとるもので、200人中、許可をいただいて且つ消息をたどれる人は80名程度とか。5年くらいになる。それだけ続けていると、みなさんの人生もいろいろあるのだそうだ。もともとは身体機能の定量的調査がベースだが、それとともにライフヒストリーも聞き取ることになって続いているらしい。
しかしみなさん喜んで話してくれるばかりではなく、帰れと怒鳴られたり上手く連絡が付けられなくなるようなこともあるそうだ。その辺の苦労は私も少ないながらやっているので分かる。アポイントメントをひとつ取るための電話連絡にしたって、かけて良い時間を考え、ずっと心に持ち続けながらその時間を待ち、そしてそれなりにドキドキしながらかけるという、自分自身の経験を、同じようにしていることがわかって共感。やはり楽なんかではないのだ。

その人生について、少しずつ教えてくれる先生もまた良い。時間がなかったので、一人の方についてしか伺えなかったけれど、話と写真で語られるその方の暮らしと生き方。いずれまとめたいとおっしゃっていたので、楽しみに待ちたい。

|

« アイフルの営業停止について | トップページ | ふりがな付きにしました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/2540426

この記事へのトラックバック一覧です: 語りを聞き取る人:

« アイフルの営業停止について | トップページ | ふりがな付きにしました »