« こちらに再掲示 | トップページ | 名古屋市美術館:追記 »

2005/02/18

名古屋市美術館

卒論・修論の検討会でたまたまシャガールの話が出てきて、急に思い出した。先週の土曜日に「二重肖像」を見たんだった。
眼、(妻の)服の描き方、パレットの透き通り方とか、近くに行ってまじまじと見つめてしまった。ひたむきな感じ。

名古屋市美術館の常設。聞き取り調査のために豊橋まで出かけたので、翌日名古屋まで足を伸ばした。同じ愛知県内だけど、あまり足を伸ばしたという感じではない。なにしろ、豊橋は愛知の東、名古屋は西。新幹線こだまで2駅だし。

本当はモディリアーニの「お下げ髪の少女」のためだけに行った。他にもいろいろあって常設展示300円だけでもずいぶんと楽しめたのは良かった。

モディリアーニはいつも部屋で見ている(ポスター)ものを間近に見たなあと言う感慨。改めて細部を見ると、口が何であんな描き方なんだろうと不思議。それと背景が縦に割れているのも今更気づいたというか。減らず口ばかりたたいてごめん。好きなのでわざわざ見に行ったのであり。
しかしやはりまっすぐに見つめられるというのはドキドキするものなのでした。

名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/


|

« こちらに再掲示 | トップページ | 名古屋市美術館:追記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/2988526

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市美術館:

« こちらに再掲示 | トップページ | 名古屋市美術館:追記 »