« 加納朋子「スペース」 | トップページ | fadeout »

2004/12/10

CUE

村上かつらの新しい単行本ということです。
演劇ものです。このジャンルだとたとえば「ガラスの仮面」とか言うのもあるわけですが、似たのだと「昴」もそうなんでしょうか。あれはダンスか。ダンスでかまわなければ、ダンシングジェネレーションとかいろいろあるぞ、と、話が拡散しそうだから止めよう。
話の進め方があまり押しつけがましくなくて良いです。前半で中学生の主人公が演劇に関わる過程が描かれているのですが、後半になるとなぜか違うテーマが展開して第1巻が終わります。前半のエピソードと後半が次巻でどう繋がっていくのかよくわかりませんが、このジャンルは嫌いじゃないので、もう少しおつきあい合いようと思います。連載ではなく単行本の発刊を待ちます。

村上かつら「CUE」第1巻(小学館)

|

« 加納朋子「スペース」 | トップページ | fadeout »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

いや、それが3巻で終わってしまって。
それなりに納得しないでもないけど。
主人公のその後の活躍も見たいなと思うところもあり。

「ピアノの森」は再開したので、それはそれで嬉しい。

投稿: ながわ | 2005/06/26 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59692/2223944

この記事へのトラックバック一覧です: CUE:

« 加納朋子「スペース」 | トップページ | fadeout »